デジタルピアノ~ヤマハ~

ホーム > デジタルピアノ~ヤマハ~

ヤマハ デジタルピアノの特長

エスケープメント採用、象牙調仕上げ鍵盤

CLPシリーズにはエスケープメント付きのGH3X鍵盤・NWX鍵盤を採用
各鍵盤に3つのセンサーを搭載し、鍵盤の繊細な動きを感知
・GH3X(グレードハンマー3X)鍵盤 (CLP-535)
象牙調仕上げ鍵盤
・NWX(ナチュラルウッドX)鍵盤(CLP-545・CLP-575・CLP-585)
象牙調仕上げ鍵盤・むく材使用
・88鍵リニアグレードハンマー(CLP-575・CLP-585)
1鍵1鍵異なるグランドピアノの鍵盤の重みや戻り、感触を再現
・カウンターウェイト(CLP-585) 
アコースティックピアノの鍵盤同様、「カウンターウェイト」を搭載。 88 鍵すべてのバランスを細かく調整 することで、ピアニシモなど弱く繊細なタッチでの演奏性を高めています。


選べるコンサートグランドピアノ音

■CLPシリーズ
ヤマハ最高峰のコンサートグランドピアノ「CFX」
ベーゼンドルファー「インペリアル」から88鍵サンプリングされた音源を採用
それらの音を表情豊かに響かせる「VRM」
グランドピアノのを弾いた時に、弦や響板の振動によって生まれる複雑な共鳴音を再現。
鍵盤を押さえるタイミングやペダルを踏むタイミングと深さにお応じて、変化に富む演奏表現ができます
■CVPシリーズ
奥行きのあるコンサートグランドピアノを 演奏するような弾きごたえと表現力が楽しめる「リアル・グランド・エクス プレッション(RGE)音源」を採用。

・奏法による余韻まで表現できる「スムースリリース」
スタッカートで弾いたときには歯切れのいい音を、ゆっくりと指を離したとき には長く余韻を残す音を表現できる「スムースリリース」。弾き手が思い 描く細やかなニュアンスの表現にも、しっかりとこたえます。


響を繊細にコントロール、GPレスポンスダンパーペダル(CLP-575/585・CVP-609)

踏み込みの深さを連続的に感知し、微妙な踏み込みや戻しの加減によって 響きの量や伸び方を調節できるハーフペダルに対応。
上位 機種では「GPレスポンスダンパーペダル」によって、踏み出しは軽く、ペダルの 効果が出はじめるところで重く感じる、グランドピアノさながらの踏み心地を 再現。
デリケートなハーフペダルの操作感を身体で覚えることができます

 


ヘッドフォンをしても快適な「ステレオフォニックオプティマイザー」

ヘッドフォン着用時にも、まるでアコースティックピアノの前に座って弾いているかのような音の広がりを再現した
「ステレオフォニックオプティマイザー」
長時間ヘッドフォンを着用していても、自然な聴き心地で演奏することができます。
(CLP-545・CLP-575・CLP-585)


Copyright(c) DAIICHI-GAKKI All Right Reserved.
このページの先頭へ